未分類

私立中学生向けの中学生の塾は、はっきり言ってほとんどありません。

大学受験に向けて今から頑張る人向けの鉄緑会とか東進ハイスクールとかはありますけどね。

なんでないのかな〜と思ったのですが、中学に入って、学校の授業が全く教科書どおりではなかったり、そもそも検定教科書を使っていなかったり、ということで、公立中学みたいに授業の内容に一貫性がないからなのかなと最近思っています。

それぞれの私立中学向けの授業をやろうとすると、個別で対応するしかないので、私立中学向けの塾は、個別でやるか、学校の授業はマルムシで塾のカリキュラムをやるかの2択なんですね。

学校の授業はマルムシで塾のカリキュラムをやるところは、学校の授業の内容と2つを同時並行で進めないといけないので、私立中学の授業に相当余裕があるお子さんじゃないと、消化不良になりそうです。
なので、学校の先生も塾入りませんって言うんですね。塾いりません!というより、学校の授業に沿ってやってくれる塾はありません!が正しいかな。
私立中学は結構、宿題も出ますし、副教材も多いので、塾もプラスアルファだと大変なのは確かな気がします。

個別はお金がかかるので親の負担が大きいですよね。それも、個別でもそれぞれの学校の授業の進度や内容は把握できないでしょうから、学校の授業についていけない子の補習的な位置づけになるのかなと思います。

学校側が、自由を謳っていて、宿題を出さないタイプの学校だったら、塾に行くのもよいのかもしれませんね。
何が何でも東大!、医学部!ではない限りは、学校の宿題の様子や授業についていけているかを見極めた上で、塾を決めるのが良いのかな〜と思います。

未分類

中学校に入って、私の悩み事はお弁当箱の大きさです。
中学生男子って、お弁当どのくらいの大きさのを利用しているのでしょうか・・・

息子くんにクラスメイトのお弁当箱の大きさのリサーチをお願いしても、「今は、一人で席で食べないとだから、みんなのは見れないよ」との冷たい対応。
確かに、ランチタイムは、無言で自分の席で静かに食べるというルールですけどね。

学校ではお弁当の時間以外に軽食を食べるのも禁止されていますから、お弁当が足りなかったらかわいそうかなと思っている母の心は理解されませんね。

お弁当箱で一番大きいのは1Lサイズですかね。息子くんは800mlくらいの大きさを使っています。今のところ足りていそうな感じですが、高校生に近づいたら、1Lのお弁当箱になるのかな~といつから切り替えるべきか悩ましいところです。

 

未分類

最近の息子くんは数学が少し楽しくない様子。
小学校の頃は、算数が大好きで、難しい問題も自分で最後まで考えて解きたい!という気持ちがあったのですが、どうしてしまったのかなという感じです。

話を聞いてみると、数学は単なる作業になってしまってつまらないとのことでした。

確かに、学校から配布されている問題集も分からないものはないようで、サクサク解いています。難問に悩んでいる様子はなく。これ分からないな~どうして~というようなことも言わなくなりました。
※といっても学校の数学のテストの点数は別に良いわけではない!!!

中学一年生の数学の内容は確かに代数分野は計算問題が多いので、仕方がないのかなと思いつつ、中学受験の時のような、ちょっと難しいけど自分で考えたい!挑戦したい!という気持ちになるような問題に出会えていないのはかわいそうかなと思っています。

中学生になって思春期特有のやる気のなさから来る単なるグチだとよいのですが。

中学生が知的好奇心をもって数学に取り組めるようなワクワクするような機会はないのかなと模索中です。